へっぽこ子育て日記

田舎暮らしが大嫌いになってしまった高齢母ちゃんの子育て日記

葬式の時の子供は地雷 完結

f:id:nayoron:20170329022456p:plain

 

年をとったって事だとも思うのですが
子供ができて私の人生観は随分変わりましたねぇ…

何というか 人間と言う個体ではなく生き物としての生命の輪廻の中に私も
仲間入りしたんだなぁと…(笑

いやしかし 当たり前ですが「亡くなったから葬式」じゃ解らないよね(笑




葬式の時の子供は地雷 その1

先日 夫の叔父が亡くなりました

息子にとっても大叔父にあたりますので
親族ですから 当たり前ですが通夜葬式は出席です


ちなみに息子は葬式はモチロン初めての経験ですが

普段 たとえば病院で1時間順番待ちとか
ピアノの発表会で舞台裏で待機とか 
特に騒いだりもせず出来るので

…まぁ 多分 大丈夫じゃ ない かと


思ってたんですけどね



f:id:nayoron:20161110040211p:plain




f:id:nayoron:20161110040448p:plain



私が高齢出産のせいなのか
限界集落という名が後ろに迫ってきている田舎だからか
はたまた たまたまなのか葬儀会場に行くと

小さい子供が誰もいない…!!(汗

孫はみんな高校生以上 ほかの親戚の子供も
成人はしているけど結婚していないので子供がいない…

そんな中で最初は息子も頑張ってはいたんですが

一番中心の坊さんがフサフサの筆をアタマに
ポフポフ→シャッと払うとかやってみたり

シンバルのようなものを派手に鳴らしたり

銅鑼の様な音も聞こえた気がします
オマケに木魚のビートがかなり早い…!(汗

(どこの宗派かは不明)
初めての葬式でこれはハードル高いなと思った矢先


息子は小さい声で

「ごめんなさい…でも変な喋り方で我慢できない!!」と

もうそこからは濁流の如くの笑いの渦に飲み込まれて
しばらく収拾不可能になりました
(↑マンガはちょっと誇張して描きましたが
 実際はもうちょっと小声です)

私はもう一言でも口を開いたら絶対に笑うと思って
反対の横に座っていた夫に助けを求めようと見たら
夫は眼を閉じて絶対にこっちを見ようとしませんでした


つづきます